『頼山陽全集:詩集編』に森琴石(山陽没後27年=安政5年2月、森琴石16歳)

2022年6月8日 更新

日々の調べものに、残したい情報が出てきます。
簡単に ー情報のみー ご紹介させて頂きます。

下方にも情報あります

『頼山陽全書:詩集編』(1931年刊)
・・・著者 木崎愛吉・頼成一 編; 出版社 頼山陽先生遺蹟顕彰会

出典及び画像:google 書籍検索

山陽 没後27年
安政5年2月・・・
森琴石が記載

没後27年=1859年(安政5年)
森琴石、満16歳

●頼 山陽
安永9年12月27日(1781年1月21日) – 天保3年9月23日(1832年10月16日))
大坂生れの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。幼名は久太郎、名は襄、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。(ウィキペディア)

頼山陽(広島県 ホームページ)

頼山陽全集 森琴石記載  Jpeg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絵画清談 記事
 ◎若い頃に、自分は備前の岡山に遊んだ事がある、・・・以下略
森琴石が語る・・・真の南画家、頼山陽のエピソード等 | 森琴石 What’s New (morikinseki.com)

頼山陽:陸奥 金華山で詠んだ漢詩(森琴石下書き帳) | 森琴石 What’s New (morikinseki.com)

扇面下絵(森家)
  七言絶句=頼三樹三郎
  山水図=森琴石

・・・・・・・・・・・・・・・・頼樹

頼三樹三郎 扇面

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・⇑ 琴石写 

日本外史字解 上中下』
・・(山本太一郎著・明13.7・浪華三書樓蔵・田中太右衛門等・響泉堂刻)

上巻初頭
「頼三陽肖像画」=森琴石画、刻
日本外史字解 頼山陽肖像 響泉堂刻

上巻ご寄贈者=榊原貴教氏=森琴石 調査情報【平成17年 4月】 (morikinseki.com)

カテゴリー: ミニ情報, 資料紹介 パーマリンク