大阪中之島美術館「大阪の日本画」…森琴石の作品「月瀬真景図」など 4点展示(入れ替えあり)

2023年2日11日 更新

 

体調不良でインターネットを禁止されています。
今回はごく簡単に紹介させて頂きます。

 

 

大阪の日本画 | 大阪中之島美術館 (nakka-art.jp)

 

大阪中之島美術館

開館1周年記念特別展 大阪の日本画

森琴石作品 4点展示

 

展覧会の概要

●開催期間:2023年1月21日(土)〜2023年4月2日(日)
★前期=1月21日~2月26日)
★後期=2月28日(火)~4月2日(日)

👂耳ヨり情報
音声ガイドナビゲーター=片岡愛之助氏
          監修=林野蛾人氏
……貸出料金600円∨アプリ配信650円

ユニークyou tyube
掛け軸塾(野村塾長)

図録…2800円

 

東京都 東京ステーションギャラリーでも開催されます
巡回情報.
会期:2023年4月15日 (土)〜2023年6月11日 (日)

 

展覧会の詳細は

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森琴石の作品は
4
文人画ー街に息づく中国趣味 
にて
4点展示されます
(但し、作品は前後期で入れ替わります)

森琴石の展示作品リスト
73 獨樂園図(明治17年/前期/西宮K氏コレクション蔵)
74 月瀬真景図(明治15年/前期&後期/森家蔵)
75 山水図(明治30年/後期(2月21日~3月5日)/泉屋博古館東京)
76 群花双鶏図(明治30年/後期(3月7日~4月2日)/西宮K氏コレクション蔵)

 

『大阪の日本画』図録 より
転載させて頂きました
お断り(行間、文字の大きさを変更しています)

文章=林野雅人氏

⓵第4章の解説
➁森琴石 紹介文
⓷作品解説

 

⓵第四章の解説

文人画 ― 街に息づく中国趣味

日本における文人画(南画)は、一般的には中国の南宗画に端を発した文人の余技的な絵画に影響を受け江戸時代中期以降に定着した、水墨山水画に漢詩などの賛を加えた表現のことを指す。江戸時代、都への玄関口にあたる大坂には様々な文物が集まり、煎茶をはじめとする中国趣味が栄え、文人画が流行した。
さらに大阪では、漢詩や漢文の教養を身に付けた市民が多かったことに加え、洗練された表現が人々の気質かなうものであったことから、明治時代以降も文人画人気は続き、田能村直入(1814~1907)や村田香谷(1831~1912)、姫島竹外(1840~1928)など、西日本を中心に各地から文人画家が集まり優れた作品が多く生まれた。

また近代の大阪では、文人画家は水墨画のみならず、中国趣味の色鮮やかな花鳥画なども手がけており、従来の文人画の枠にとらわれない絵画を描いた点においても注目される。

大阪を代表する文人画家であり銅版画家としても活躍した森琴石(1843~1921)のもとにはくの文人たちが集い、サロン的役割を果たすなど江戸時代より続く大阪の文人画家たちの交遊スタイルは明治以降も続いた。

さらに、当時の大阪では橋本青江(1821~1898)、河邊青蘭(1868~1931)など、知識と画技を身につけた女性画家の活躍もみられ、彼女らは画塾を構えて後進の指導にもあたった。こうした大阪の文人画は、後に新南画が大阪を代表する絵画表現として栄える礎となった。

 

作家解説

森琴石
有馬(現在の神戸市北区)に生まれる。本名は梶木熊。字は吉夢。号は鉄橋、金石、琴石、雲根館など。画室名は聴香読画蘆。三歳で大坂の森家の養子となる。鼎金城と忍頂寺静村に南画を、妻鹿友樵に漢籍を学ぶ。明治初期、東京に出て高橋由一に就いて洋画の教えを受ける。明治17年(1884)に設立された浪華画学校の支那画教員となる。明治22年に浪華学画会を結成する。大正2年(1913)文展審査員となる。また南画のみならず、響泉堂の名で銅版画家としても活躍し、地図や刊行物を多く残した。

 

⓷作品解説

73「獨樂園図」明治17年(1884)西宮K氏コレクション

独楽園は熙寧4年(1071)に洛陽に閑居した宋の司馬光(1019~86)か熙寧6年に土地を購入し造成した園のこと。朝廷から退いて園内を廻り遊ぶのは真実の楽であるとして名付けられた。園庭には蔵書5千巻を擁する読書堂をはじめ、釣魚庵や見山堂など7つの建造物が設置された。独楽園は日本の文人画家たちにとって理想とする境地のひとつとして、しばしば画題として取り上げられてきた。ここでは、竹のたもとで飲茶しながら寛ぐ司馬光の姿を描く。
甲申夏日琴石寫於漬畫摟南窓下

 

74「月瀬真景図」明治15年(1882)森家蔵

梅の名所として知られる奈良市東北端の月ケ瀬の景観を描いた横披(横長の巻物)。
月ケ瀬は近世後半から梁川星巌、頼山陽、篠崎小竹をはじめ、多くの文人墨客が訪れて
おり 森琴石も何度も訪れている。名張川(五月川)の両岸には 満開の梅花が咲き
春の訪れが感じられ、画面中ほどには川を横切る渡し舟の姿もみられる。本作は、明治15年(1882)の 第1回農商務省内国絵画共進会で褒状を得た。題は衛鋳生が、跋文は胡鉄梅、書家の陳曼寿、石橋雲来が、題箋を黄超會が記しており、いずれも本作の受賞を祝う内容となっている。

 

75「山水図」明治30年(1897)泉屋博古館東京

山中へと続く道を進む二人の文人が描かれている。山の奥には滝も見え、日常の喧騒から離れた理想郷が広がる。明治30年(1897)、54才の琴石は家督を息子の雄二に譲り、絵画制作に打ち込むようになる。とりわけ、この時期琴石は大幅の青緑山水図を多く描いていたことが知られており、本作もそうしたひとつである。青緑山水は岩絵の具の青緑や群青を多用して描く山水で、水墨の濃淡を駆使して描く南画とは趣が異なり、硬質な雰囲気の作品が多い。

繍壁蓮峰草春全呉一望掌中分千花   / 暖送和香気大地晴翻訳錯錦便文潤道斜通 /  回谷底潭光倒映浴天雯帰来指点径行 / 処翠鎖重巒総暮雲 丁酉夏日写於 /  聴香読画蘆南窓下

 

76「群花双鶏図」明治30年(1897)西宮K氏コレクション

牡丹、水仙、松、竹、梅、菊などの植物に鶏が配されている。牡丹は富貴と繁栄の永続、仙は仙人を意味し群生していることから 群仙、松と菊は不老長寿、竹は平安や成長、梅は子孫繁栄(子授け)を意味し、太湖石は長寿の象徴である。また、鶏も大鶏の同音は大吉につながることから吉祥の生き物とされてきた。なんともおめでたい吉祥尽くしの一幅である。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご参考まで

明治18年8月 新聞記事(国立国会図書館次世代ライブラリー)

森琴石(画家)=大阪の十秀者投票に選ばれた

 

胡鉄梅&森琴石
近聞広告

画像ご提供者=陳捷 氏
(東京大学大学院教授)
旅する書物を追って中国から日本にやって来た研究者。
| UTOKYO VOICES 082 | 東京大学 (u-tokyo.ac.jp)
陳 捷 (CHIN JIE) – マイポータル – researchmap

・下記画像は、陳捷氏より森琴石HPへの掲載を許可を頂きました
・記事画像及び翻刻文は、後月 森琴石HP ~資料編~などでご紹介の予定
・・

広告文は
京都国立博物館研究紀要『学叢』第44号(2022年6月・呉孟晋氏、陳捷氏執筆)で活字紹介されています

 

明治15年8月28日 

 

明治15年11月9日

      

明治18年4月23日

    

 

明治18年7月25日

 

森琴石死亡時の記事(大正2年2月)

 

 

 

 

 

Follow me!

This entry was posted in 展覧会・講座・掲載情報. Bookmark the permalink.