袱紗の下絵が現存(森家)…完成作品=サンフランシスコ アジア美術館 ONLINECOLLECTION 

2010年12月18日 更新

 

 10月11日ご紹介 の

サンフランシスコ
 アジア美術館 ONLINECOLLECTION

森琴石の袱紗(ふくさ)・・・・下絵が残る(森家)


森琴石の下絵の中に「かぼちゃ」があった事を思い出し探してみると、10月11日にご紹介した、サンフランシスコアジア美術館,
オンラインコレクション 森琴石の作品「掛けふくさ」の下絵が残されていました。

♣サイズがかなり大きいので、まさか袱紗の下絵であるとは、一度も考えてみた事がありませんでした。寸法を測ってみると、作品の寸法と殆ど変わらない事もわかりました。

ラフな下絵  完成作品
・・・変化した様子がわかります。

1000枚は残っている森琴石の下絵類、丹念に調べるとまだまだ面白いものに出会えるかも知れません。(綴じた状態の画稿資料を合わせると2000枚ほどになる)

 

ふくさ「かぼちゃ・とんぼ・けし・菊」
・・・作画…明治28年12月28日(1895年)

 

 下絵

・・縦 57,0cm x 横 47.o cm

下絵(カボチャ とんぼ けし 菊)


完成作品

 縦 57,2cm  x  横 46,5cm

ふくさ 柄

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。